宮本ツイッタラー武蔵の雑記帳

Twitterで宮本武蔵をやっております。宮本武蔵です。Twitterではできない話&歴史と関係ない話をコソコソしようと思っていますが、所詮Twitterの延長線なのでよろしくお願いします。

兵法家と石高の力

どうも!天下無双です。

戦国時代の武将の力を測る物の一つが石高です。

 

そもそも石高とは……

 

その土地が資源をどれだけ生み出せるかを石という単位で表したものです。

 

まぁぶっちゃけ米がどれだけとれるかという単位()

 

1石で大人が1年間に米を食べる位の量です。

財力+兵力はほぼこの石高で決まります。

 

ただ何処かの知識豊富屁臭大名が

「石高の価値はは時代に変わるので、詳しい給料などは分からないんじゃ ただ確かなのは儂は億万t……」と言っていたので、色々と注意です。ゴンブー

 

 

つまり、石高が高い兵法家って最強なのか?

という事で二人の剣豪家をご紹介して比較

 

それでは一人目というか一つ目

 

【江戸柳生家】  一万石以上

柳生宗矩

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT_SoZLu2S5RAVaKkd-bHsy8PcwJqZl4qscGgKb60Do6SYsXRG38qFx0Fy2jw

 

天下の将軍家の剣術指南役、当然エグイです。

更に徳川家光公は剣術大好きっ子だったので柳生家を更に重宝したので……

羨ましい。

毎年3000万くらい柳生家の当主は貰っていたのではないかな?知らんけど

 

 

 

それでは二人目

 

 

尾張柳生※】 500石

 

柳生利厳

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT_SoZLu2S5RAVaKkd-bHsy8PcwJqZl4qscGgKb60Do6SYsXRG38qFx0Fy2jw

 

 

※隠居直前の石高なので尾張というか熊本の頃というか……

 

 

……え?500石?

一気に下がったやん……そんな人を紹介……?

 

いやいやお待ち下さい。

此方はこそ本物の柳生です。

 

こっちのトッシーさんは

上泉信綱柳生石舟斎柳生利厳

と新陰流を継承された本物の新陰流3世です。

 

『ヤギュウ〜ザ・サ〜ド』

 

現在もトッシーさんの子孫の方が新陰流を伝承なされているそうな

 

 

このトッシーさんは尾張柳生家として3000石の大名だったとか、福島正則様に2000石で雇いたいという話がある理由の分からぬ人です。

 

 

う〜ん将軍家の剣術指南役と新陰流の正当後継者、いったいどちらが強いのか分かりませんよね?

 

『石高が圧倒的じゃん!20倍だよ!』

 

……う〜ん

 

分かりきっていたことですが、石高では兵法家の強さは測れませんね。

しかしどちらの柳生も名前を出したら相手が逃げ出します。

 

兵法において最強なのは「戦わずして勝つ事」と偉い軍師は言っています。

 

名前がちょっと知られていたので「名をあげるチャンス!」と思われたので、『逃げるが勝ち』の戦法で戦わなかった武蔵

 

将軍家の名もあり、誰も戦おうとは思われなかった柳生両家

 

兵法において石高は強さを測るものではなく、大きさを測る物だと考えています。

 

「強さと大きさって一緒じゃね?」

と思った方はもっと見観の目を持ってください見観の目に関しては五輪書に書いてあります。(ステマ)

 

ぶっちゃけ最初から結論は出ていましたね!

石高では細かい強さは分からない!

 

 

 

ちなみに武蔵の石高……

 

 

 

 

さ…さんびゃく…………

 

…………………………………………

…………………………………………

…………………………………………

…………………………………………うるせぇ