宮本ツイッタラー武蔵の雑記帳

Twitterで宮本武蔵をやっております。宮本武蔵です。Twitterではできない話&歴史と関係ない話をコソコソしようと思っていますが、所詮Twitterの延長線なのでよろしくお願いします。

寛永御前試合

もしもの戦いに燃えるのは男のサガでしょうか?

 

大〇翔平とベー〇・ルース

ウルト〇マンと仮面〇イダー

アレクサンドロス諸葛孔明……

 

う〜ん考えただけでもワクワクしますね。

歴史の話で「たられば話」はタブーと言う人もいますが、友人と話し合ったりするのは楽しいものです。

 

さて、魔界転生Fateシリーズや刃牙道などなど「たられば」には欠かせない日本が誇る最強のソードマンの某宮本武蔵が紹介する、江戸時代のたられば話がこちら

 

寛永御前試合】

 

おっと申し訳ありません。この話は本当にあったと言う方もいるのでしたm(*_ _)m

 

武蔵個人の意見では試合自体はあったが、殆どは誇張した創作であると思います……。

まぁ資料がもつと見つかってくれるといいですな。

 

この寛永御前試合は寛永9年(1632年)〜寛永15年(1938年)に江戸城内で三代将軍徳川家光公の御前で行われたと言われる剣術の試合です。

 

試合結果は資料によってバラバラなので詳しくはいえませんが、例えば

 

 

宮本武蔵の息子『宮本伊織

VS

魔界転生でもお馴染み柳生新陰流『荒木又右衛門』

 

 

独眼竜『伊達政宗

VS

甲斐谷村藩主『秋山泰朝』

 

 

 

などなど素晴らしい試合がありました!

まぁ定かではありませぬが……

 

しかし上記に書いた勝負は御前試合があった200年後に書かれている資料だったり、他の資料と勝敗や人物が違っていたりと色々と……

 

信ぴょう性が低いのですが、江戸時代でもトップクラスの剣豪が揃った対決が勢揃い

気になる方は調べて下され〜

 

余談ですが、試合の審判は柳生宗矩がやったという話も……あの野郎……。

 

それでは謎を残して今日はここまで!