宮本ツイッタラー武蔵の雑記帳

Twitterで宮本武蔵をやっております。宮本武蔵です。Twitterではできない話&歴史と関係ない話をコソコソしようと思っていますが、所詮Twitterの延長線なのでよろしくお願いします。

刀の持ち方(?)

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

今年もTwitter共々よろしくお願いします

 

@_Musashi634

 

昨年の10月末にブログを初め、すでに1000アクセスされまして大変ありがたい&嬉しく思っています。

駄文で読みづらい点やしょうもない話をする時もありますが今年も暖かい目で見守ってやってください。

 

さて!長くなってしまいましたが本題に行きましょう!

 

侍にとって刀は命です!

 

戦国時代、どこの武家の方も戦場で生き抜くため、己が武を誇示するために鍛錬しておりました。

 

江戸時代に入ると武芸者達は精神鍛錬や一般教養として嗜んできました。

 

そんな中剣を極めようとした者を兵法家といい、その中でもトップクラスだったのが宮本武蔵です!!

……自画自賛?事実だから!!!

 

そんなタマスぃーの刀は一体どのような持ち方だったのか

 

 

まずは握り方です。

 

どの道具でも大体そうなのですがギュッと握り締めてはいけません

 

イメージでは卓球のラケットの様な持ち方が理想です。

 

f:id:MUSASHIniten:20180113164943j:image

 

 人差し指と親指は脱力し、中指と薬指には余裕を持たせて締めます。そして小指はギュッと締めて完成です。

 

そういえばティモボルから劉詩文にラケットを変えた時の軽さは衝撃でした。

知識がなくマークがカッコよくて選んだのですが、女子も使えるという事だけありとても鋭い振りができてパワー=スピードというのを実感できましたねー 今はめっきりインナーフォースALCばかり使ってますが……

 

と余計な話をしてしまいましたな……

 

野球経験者の方はわかると思いますが、この握りは振ってボールに当たる時にはギュッと握り締めて力を入れなければ意味がありません。

脱力したままのコンニャクのような腕ではボールは飛びませんよね?

梨田選手もちゃんと力を入れてます。

 

で、左右の手は離して持って下さい。

野球の話をしておいてなんですが、左手と右手をくっつけるのはハッキリ言って爆笑です。

 

f:id:MUSASHIniten:20180113170538j:image

 

はい!これダメ!コンパクトに力を加えたいからと言ってこの持ち方はダメ!

ただしこれは竹刀でも日本刀でもない……

武蔵ねー西洋刀やら青竜刀の持ち方は知らぬのであくまで日本刀の話

 

f:id:MUSASHIniten:20180113170647j:image

 

この持ち方ですね。

ただし1人……上記の様な異質な持ち方をしていた歴史上の人物が……

 

 

土方歳三 君です……

 

 

先程爆笑物と言いました……言いましたよ……はい

しかし理にかなった持ち方なんです(矛盾)

 

そもそも新撰組は暗殺〜やら御用改(?)なるもので家に攻め入ったりすることが多かったらしいですね

 

その時に小回りがきくバットの持ち方はとても使いやすかったとされています。

 

……しかし!しかし!現代の剣道やらではこちらが正しいんだ!

f:id:MUSASHIniten:20180113170647j:image

 

 取り消さない!俺の言ったことは……(割愛)

 

と、いうわけでただの土方歳三君の刀の握り紹介でした。

 

今回はここまで!

今年もよろしくお願いします〜