宮本ツイッタラー武蔵の雑記帳

Twitterで宮本武蔵をやっております。宮本武蔵です。Twitterではできない話&歴史と関係ない話をコソコソしようと思っていますが、所詮Twitterの延長線なのでよろしくお願いします。

宮本武蔵縁の神社や寺

いつの世も寺や神社は心を安らかにしてくれます。

日頃争いで心がいっぱいいっぱいの武人達は、祈願や信仰の為だけではなく、心を静められる場所を目指して寺や神社に言っていたのかも知れません。

 

今日は武蔵に縁のある寺や神社を紹介したいと思います。

 

雲巌禅寺

 

f:id:MUSASHIniten:20180312190940j:image

 

武蔵が晩年に五輪書を書いた事で有名な洞窟「金峰山霊巌洞

その山の前にある雲巌禅寺

とても神秘的な場所で、雲巌禅寺から霊巌洞に向かう道には、草木に覆われた細道の下に沢山の座られたお地蔵さんが沢山並んでいます。

そこから感じる空気は兵法家、宮本武蔵がなぜこの場を選び兵法書を書いたのか伝わるかのようです。

大河ドラマ「ムサシ」の際に建てられた記念碑などもあり是非とも1度は足を運んでいただきたい。

熊本県西区)

 

②海巌山徳願寺

 

f:id:MUSASHIniten:20180312192532j:image

 

大きな松が目立つ、徳川家縁の地でもある徳願寺。

家康公〜家光公まで色々関係してます。武蔵と関係ないのでそこはスルー

武蔵供養のための石地蔵があり、武蔵が書いたとされる書もあります。

f:id:MUSASHIniten:20180312192451j:image

 

大きな閻魔大王像があったり、丸山応挙の書いた幽霊の絵があったりと見どころは満載。(見れるかどうかは置いておいて)

歴史好きにも寺好きも満足できると思います。

(千葉県市川市)

 

③雲晴寺

f:id:MUSASHIniten:20180312193020j:image

 

この寺の庭園は武蔵が作ったとされていました……。

空襲で全てなくなってしまったので現在は残っていません。

武蔵の孫弟子の墓石などもあり信ぴょう性がとても高かったのですが……。

残念でなりませんが、空気を感じるだけなら今でもできます!

南総里見八犬伝のモチーフとなった里見家の墓などもあり是非とも寄ってみてください。

 

ひょうたんのような池やらあってデカい庭園だったと伝えられています……。残念残念

 

兵庫県明石市

 

 

 

八大神社

f:id:MUSASHIniten:20180312193807j:image

京都府にあるこの神社。一乗寺駅からすぐの所にあります。

京都府?」「一乗寺?」と察しのいい武蔵ファンなら気づいたでしょう。

あの吉岡一門との決闘、一乗寺の下り松のすぐ近くです!

武蔵が吉岡一門60人と決闘(というかリ〇チ)する前日、この寺に寄ったのです。

ただ祈りもせず、鈴も鳴らさず寺を後にしました。

まさに

「神仏を尊い神仏に頼らず」

です。

 

まぁここで悟りを開いただとか言われていますが集団リ〇チに逢いにいく前に無の境地なんて……某もまだまだ小僧っ子だったので、吉川英治先生の創作の影響が強いかと

f:id:MUSASHIniten:20180312194356j:image

すぐ入口に武蔵の象と吉川先生の小説を抜粋した石碑があります。

この周辺は武蔵色に染まっていてとても楽しいのでオススメ。

 

 

他にも美作にある神社や武蔵神社なと色々ありますがとりあえずここまで

後日編集して続きをこのページにて綴りますのでよろしくお願いします。

ブログを更新しなさすぎて焦っているアレもあります。アレ